2008年12月30日

金や人脈の前にやりたいことを

何件かの相談を受けていると共通するのは「とにかくなりたい」「とにかく知りあいたい」。この「とにかく」が曲者(くせもの)。気持ちそのものは自然だし、行動を起こすのも悪いことではない。でも、具体的な部分がなければ妄想なのだ。その感情そのものを楽しんでいる人はそのままでいいけど、妄想で苦しむなんて本末転倒。苦しんでいる人は具体的に考えよう。

「とにかく」を使うと後ろの言葉もなんでもよくなってしまう。「とにかく金持ちになりたい」「とにかく彼女がほしい」「とにかく人に見られたい」エトセトラ。入り口には適しているけど、そこから掘り下げないと。そのために5W1Hは基本。

たとえば声優に近づくとしても自分自身が声優になるのか、何らかの作り手となって声優とコミュニケーションをはかりたいのか、それをはっきりするだけでも次のステップは変わってくるし、することもわかる。

なにごとも行動の積み重ねだから具体的に考えよう。「自分は絶対に声優になれない」と言う人も「なぜなれないのか」を細かく考える。滑舌が悪いからか、声に抑揚がないからか、発音が悪いからか、言葉に対する基本知識がないからか、など。すると項目ごとにまた小さくなる。言葉ごとをはっきりいう練習をすればいいのか、腹筋そのものが足りないのか、早口言葉ができないのか、言葉がわからなくて口がついてこないのかなど。繰り返していると落ち込むよりも答えを探すこと集中する。

人が落ち込むのは解決法がわからないからで、手がかりがみえているときは落ち込まない。答えてくれる人がいなくなるか、疲れ果てるまでやめない子供の「どうして?遊び」に似ている。子供の遊びはつきあう人がいなくなればそれまでだけど、やりたいことに対する謎かけは、ありがたいことに自分がやめない限りは続く。

突き詰めると遊べる人は伸びやすい。金や人脈がなくても遊べるし、逆をいえば遊んでいればそういうものはついてくる。
タグ:夢の育て方
posted by ささきー at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 声優/卵たちへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、コメント失礼致します。

他の記事も読ませて頂いたのですが、
私の中で、コチラの記事が一番"今、声優を目指している若者に読んで欲しい記事"だと思ったので、コメントさせて頂きました。

声優志望の方には、1週間に1回・・・いや、1日1回は目を通して欲しいお言葉ですね。
文才羨ましいです(泣)。

またお邪魔させて頂きます。
Posted by narumy at 2012年09月06日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111894204

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。